FC2ブログ

お金への偏見

未分類
05 /23 2018
お金はそれ自体に
良いも悪いもありません。
しかし多くの人はそこに
意味を見出します。

例えば、

お金儲けをしている人は、
きっと悪い人に違いない。

お金持ちは性格が悪い。

すぐにお金の話をする人は卑しい。

など、
お金についてマイナスのイメージを
持っている人がいます。

「成金」という言葉それ自体にも
悪いイメージがついています。

西郷隆盛のあまりお金に
頓着しなかったというエピソードは
彼の人間性の評価を高める材料にも
なっています。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)を共にして国家の大業はなし得られぬなり。」

という有名な言葉もあります。

お金になんとなく悪いイメージが
ついているようです。

しかし、冷静に考えてみると

お金持ちの人の中にも
いい人もいれば悪い人もいます。
お金を多くの人に
分け与える人もいれば、
さらにお金を儲けるために
犯罪を犯す人もいます。

お金持ちではない人の中にも
いい人もいれば悪い人もいます。
「清貧」と呼ばれるような
生き方をする人もいれば、
お金がないがために
犯罪を犯す人もいます。

dollar-499481_1920.jpg


お金はそれ自体に
良いも悪いもないのです。

お金に価値を見出している人、
お金儲けが好きな人もいれば、
お金に価値を見いだせずに、
全くお金儲けをしない人もいます。

都会で働くバリバリの
ビジネスマンもいれば、
山奥で自給自足の
生活をする人もいます。

どちらがよい生き方で、
どちらが悪い生き方だ。
とは言えません。
価値観は人それぞれです。


論語の中に

巧言令色 少なし仁
剛毅木訥 仁に近し

という言葉があります。

「仁」という素晴らしい概念に
到達するためには
言葉が巧みで着飾っていてはダメだ。
ということです。

どうやらお金への悪いイメージは
ここから来ているようです。

この悪いイメージが
ついているために、
お金に苦労をする人が
多いように思います。

本当はお金が欲しいのだけど、
お金儲けをすることに対する罪悪感から、
どこかで自分の行動に
制限をかけてしまっているのです。

お金儲けをする方法はいくらでもあるのに
無意識のブレーキがその方法を
見えなくさせているのです。

お金はそれ自体に
よいも悪いもありません。

そのことを再確認するだけでも、
お金に関する呪縛から
逃れることができます。

お金が欲しい人は堂々と
お金儲けをすればいいし、
いらない人はその時間を、
別の価値あることに
使えばいいのです。

価値観は人それぞれ。

お金への偏見をなくせば、
もっと自由に生きられますよ。



夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録


ドリームサポートコーチングの
ホームページができました。
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


教育問題・教育論ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コーチング最強説

未分類
05 /22 2018
「どうしてあの人、あんなことするの?
信じられない!!!」

同じ人間なのに、なぜ
こんなことが起きるのでしょうか?

人は
それぞれ育ってきた環境で、
それぞれのブリーフシステム
(信念体系)
を作り上げていきます。

私は
遅刻は厳禁。
人前で自分のことを
ベラベラしゃべるのは慎むべき。
ある事柄を知らないことは恥ずかしい。
ブラブラ遊んでるのはカッコ悪い。
失敗しないように
事前によく考えて行動するべき。

などといったブリーフシステムを
作ってきているようです。

それは、自分にとって
当たり前のことなので
今まではそれを意識することすら
ありませんでした。

私がそうであるように、
私のまわりの人たちも
同じようにブリーフシステムを
持っています。

違うブリーフシステムを
持った人が集まると
それらがぶつかり合います。

自分のブリーフシステムが
侵されるとイライラの原因になります。

愛し合って結婚した2人が、
壮絶な夫婦喧嘩をするというのも、
これが原因です。

20180522063636b79.jpg


そのことに気づければ、
さほど大きな問題にはなりませんが、
自分にとって当たり前なので、
なかなか気づきにくいのです。

心理学者アルフレッド・アドラーは
「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」
と言い切っています。

コーチング的に言えば
「人間の悩みは全て
ブリーフシステムの対立である」
と言えます。

目の前の人が自分と同じ
ブリーフシステムを持っている。
という幻想が悩みを生み出してしまいます。

「私もそうだから、
あの人もそうに違いない。」
「きっとあの人はこうしてくれるだろう。」

そんな勝手な期待が裏切られたときに、
人はイライラし、パフォーマンスを
落としてしまいます。

そんな幻想を捨て去り、
勝手な期待をやめたとき、

周りの人へのニュートラルな
見方を取り戻し、
自分のゴールにフォーカスした、
ハイパフォーマンスな生き方を
選び取ることができます。

「どうしてあの人、あんなことするの?
信じられない!!!」

と思ってしまったら、
過剰に期待してしまった自分に
気づいてください。

世の中の争いごとは、全て
ブリーフシステムの対立からです。

あなたがコーチングを学ぶことで
世の中のあらゆるる解決する力を
持つことができます。

コーチング最強です!!





夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録


ドリームサポートコーチングの
ホームページができました。
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


教育問題・教育論ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


夢をかなえるエフィカシー

未分類
05 /21 2018
コーチングとは何かを
一言で表すとすれば
エフィカシーを上げることです。

エフィカシー(自己効力感)とは
ゴールを達成する能力の自己評価。

自分はゴール(夢)を達成することが
できるのだという自信です。

コーチはクライアントさんの
エフィカシーを上げる
役割を果たします。

先日、
私は田島コーチの
コーチングセッションを受けたのですが
たった30分のセッションで、
自分のエフィカシーがものすごく
上がっていることに驚きました。

例えば、

一国のリーダーに対しても
コーチングができる能力がある。

会員権何百万、何千万の
高級会員制ホテルの一室で
コーチングができる。

そんなイメージが湧いてきたのです。

日本の総理大臣に
高級ホテルのスイートルームで
コーチングセッションをする。

20180521052439af0.jpg


私の過去を知っている人からすれば、
「そんなの無理でしょう。」
と言いたくなると思います。

ほんの2ヶ月前までは、
ごく普通の小学校教員
だったのですから。

小学校の先生をやめるなんて
すごく勇気があるね。
と言われるのですが、

コーチングを受けている
私にとっては、退職は
それほどハードルの高いものでは
ありませんでした。

コーチングがを受けると
そほどまでにエフィカシーが上がります。

エフィカシーさえ上がれば、
ゴール(夢)を達成するのは
簡単なことです。

自分の人生の伴奏者として
コーチがついている。
ということは何物にも変えがたい
素晴らしい安心感をもたらします。

ぜひ多くの人にコーチングの
素晴らしさを知ってほしいと思います。

自分にはできる。
そんな強い思いをもって、
夢に向かって進んでいく人が
どんどん増えればいいなと思います。

あなたの夢も必ずかないます。

科学はすでに夢のかなえ方を
解明してしまったのですから。




夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

ドリームサポートコーチングの
ホームページができました。
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


教育問題・教育論ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


ブリーフシステムの外側へ

未分類
05 /20 2018
1000万部の本を売った編集者の
長倉顕太さんは次のように言います。

「貧乏は遺伝する」

親が貧乏なら、子どもも
貧乏になるということです。
それはなぜでしょうか?

20180520072403b70.jpg

ブリーフシステムが影響しているのです。

ブリーフシステムとは信念体系です。
親が生まれた時から経験して来たこと、
祖父母から教えられたこと。
先生や友達から教えられて来たこと。

それらの価値観の寄り集まったものが
ブリーフシステムとなり、
子どもに受け継がれます。

カップラーメンがメインだった
食生活を送っている子どもは、
将来も
「カップラーメンを食べるのがよい。」
という価値観がブリーフシステムの中
に入ります。

大人になって、自分で食べるものを
選べるようになったときも、
カップラーメンを選んでしまうのです。

当然、選ぶ仕事のブリーフシステムも
親から受け継ぐことになります。
親がよいと思った仕事に関する
価値観で子どもも仕事を選ぶのです。

そして、
夢の限界も遺伝します。

親が考えている限界を
子どもは超えることができないのです。

それほどブリーフシステムは強力です。

そんなの悲しいと思いますよね。

そんなブリーフシステムを
打ち破る方法がコーチングにはあります。

現状の外側のゴールを設定し、
そのゴールの臨場感を上げるために
ビジュアライゼーション(視覚化)を行い、
セルフトークを整えることで
自己イメージを変革していく。

コーチングを知っている人は

「貧乏は遺伝する」

というスパイラルから
抜け出すことができます。

(貧乏は悪いことではないという価値観も
あるのでそれは否定しませんが。)

大切なのは自分たちを規定する
ブリーフシステムの外側の世界が
存在することに気づくことです。

人はブリーフシステムに従って、
見たい世界を見ているのです。

「お金持ちになるのは難しい。」
「お金を稼ぐことは卑しいことだ。」
という世界を見ている人と、

「お金もちになるのは簡単だ。」
「お金を稼ぐことは楽しい。」
という世界を見ている人がいるわけです。

あなたはどちらの世界が見たいですか?


長倉顕太さんは
「親は100%間違っている」
という本を書いています。

長倉節が炸裂する刺激的な本ですが、
「貧乏は遺伝する」
というスパイラルに子どもを
巻き込みたくない人には
読んでみる価値のある本だと思います。



夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

よろしければクリックをお願いします。


教育問題・教育論ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

そもそも論から教育を考える

未分類
05 /19 2018
今日は教育のお話です。

先日は
第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で
教育哲学者の苫野一徳さんが
参加する鼎談を聞きに行きました。

苫野さんは
「そもそも教育とは何か?」
「どのような教育がよい教育か?」
という本質論から考えないと
教育論議の軸がぶれてしまって、
教育実践が実あるものにならない
と言っています。

わたしもその考えに賛成です。

教職経験の中で、
「そもそも論」が抜け落ちているために
おかしな教育政策、教育実践が
行われているのを
目の当たりにして来たからです。

例えば学力向上について。
山口県教育委員会のパンフレットで、
「学力調査の平均点を全国トップクラスにする」
という目標が書かれていました。

そのために現場で
何が行われているかというと
学力調査の前に対象となる6年生に
ひたすら過去問などのプリント学習を
させているのです。

伝え聞いた話では、
4月の終わりに行われる学力調査までは
通常の授業は無く、テスト対策ばかり
やっている学校もあったそうです。

しかもそれは市町村の教育委員会レベルで
各学校に指示されていたのです。

学力調査の本来の目的から大きく外れる
教育政策、教育実践がまかり通っているのです。

「学力調査の平均点を全国トップクラスにする」
という馬鹿げた目標からは、
「平均点を上げる」という部分のみに
フォーカスした実践が導き出され、
現場はそれを一生懸命やっているのです。

私自身、学力調査の過去問を
ひたすらコピーする作業をしながら、
「自分は何をやっているんだろう?」と
虚しさがこみ上げて来たのを覚えています。

math-1500720_1920.jpg


そもそも学力調査は
授業改善のために行われるものです。
子どもたちに身についていない内容を把握し、
日常の授業をどう変えていけばいいかを
考えるものです。

子どもたちにとっては、
日頃の授業がより分かりやすくなれば、
いいのです。

それなのに
「平均点を上げる」
というおかしな目標設定のおかげで、
過去問のプリント学習という
おかしな実践が
行われているのです。

私は
子どもたちの幸せにつながるかどうか
という視点こそが大切だと思っています。

子どもたちの幸せにつながらない
実践は淘汰されていくべきです。


苫野さんは公教育の本質を
「自由の相互承認の実質化」
といっています。

「そもそも」を
底の底の底まで深く考えていって
たどり着いた言葉だと思います。

私も、
教師とはどうあるべきかを
底の底まで深く考えて、
コーチングにたどり着きました。

「みんな一緒」の教育は、もはや時代遅れです。

「私は国語が好き。」
「もっと算数をがんばりなさい。」
というのが「みんな一緒」の教育。

「私は国語が好き。」
「私は算数が好き。」
「それぞれでいいよね。」
これがこれからの教育です。

自分と人とは違うのだとお互いに認め、
一人一人、それぞれが目指すゴールを
達成するのを助ける。

それが、AI時代の教師の仕事なのだと
確信しています。

教育新時代に向けて、
コーチングで貢献したいという
思いを新たにしました。


夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

よろしければクリックをお願いします。


教育問題・教育論ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

河村大輔

1978年 山口県生まれ
福岡教育大学で認知心理学を学び
2003年4月 公立小学校教師となる
2018年3月 退職してコーチの仕事へと転職
15年間の教員生活の間、教育方法に関する研修を重ねると同時に、人はいかに生きるべきかを考え続け、書籍やセミナーから学び続ける。
幸せに生きていくためには心のあり方を整えることが大切だと気づき、コーチングに出会う。
コーチングの創始者、ルー・タイスの直系の講座、パフォーマンス・エンハンスメント・コーチングを学ぶ。